50代未経験から調剤薬局事務になれる?実態やポイント、注意点を解説

50代未経験から調剤薬局事務になれる?実態やポイント、注意点を解説

「50代未経験からでも調剤薬局事務の仕事につけるのかな?」と思っていませんか?

 

調剤薬局事務は、未経験からでもチャレンジでき、需要の高い仕事のため、幅広い年齢の方に人気の仕事です。

 

中でも調剤薬局事務は、50代以上でも現場で活躍している方が多いことから、50代未経験の方からも特に人気となっています。

 

とはいえ、

 

「50代未経験からでも調剤薬局事務になれるの?」

「流石に50代だと遅いのでは…」

 

…と、50代という年齢から調剤薬局事務を目指すことの不安を感じている方も多いです。

 

そこでこの記事では、50代未経験から調剤薬局事務の仕事にチャレンジしたい方向けに、以下のことをわかりやすくご紹介します。

 

この記事を読んでわかること

  • 50代からでも調剤薬局事務になれるのか
  • 50代から調剤薬局事務を目指すポイント
  • 50代から調剤薬局事務を目指す手順
  • 50代から調剤薬局事務を目指すときの注意点

 

この記事を読めば、50代から調剤薬局事務を目指す実態や、うまくいく手順、失敗しない注意点までわかりますよ。

 

3分ほどで読める文量です。50代から調剤薬局事務の仕事にチャレンジしたい方は、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね。

 

50代からでも調剤薬局事務になれる?【自分次第で可能です】

結論、50代未経験から調剤薬局事務の仕事に就くことは、自分次第ですが可能です。

 

なぜなら、調剤薬局事務の仕事自体は50代でも始められる内容であり、中には50代以上を採用している環境もあるからです。

 

調剤薬局事務の仕事内容は50代でも始めやすい

調剤薬局事務の仕事内容は、50代でも始めやすい特徴があります。

 

調剤薬局事務の仕事は、いわゆる「事務作業」や「受付作業」が中心です。具体的には以下のことを日々行います。

 

  • 処方箋の入力
  • お薬手帳の発行
  • 会計業務
  • 請求業務

 

50代から新しい仕事にチャレンジする場合、「高い専門性」が必要な仕事は難易度が高いです。専門性を身につけるにも時間がかかりますし、50代だと定年までの年齢の問題もあるからです。

 

一方で調剤薬局事務は、高い専門性は必要ありません。ポイントを押さえて学べば、50代未経験であっても、スムーズに仕事に慣れることができるのです。

 

中には50代や、60代以上のシニアを採用している環境も

加えて、最近は「50代」や、60代以上のシニアの方を対象にした仕事も、あらゆる業界で増えてきています。

 

これは調剤薬局事務の仕事があるクリニック等でも同様の傾向が見られます。

 

もちろん、調剤薬局事務全体の求人から見ると、50代以上の求人は割合が限られることは事実です。

 

ですが、60代になっても働く人が増えている時代である一方、日本はいろんな会社で人材不足が蔓延化しています。

 

ですから、50代であっても、可能性はゼロではないのです。特にこれから紹介するポイントに沿って行動すれば、まだチャンスはありますよ。

 

50代から調剤薬局事務を目指すポイントは?【資格を取ることがおすすめ】

50代から調剤薬局事務になることは自分次第で可能ですが、調剤薬局事務は「将来性ある医療業界の事務職」ですので、人気の仕事であることも事実です。

 

そこで、50代から少しでも就職や転職を有利するなら、「調剤薬局事務に関する資格」を取っておくことが最もおすすめです。なぜなら、資格は武器になりやすいからです。

 

そもそも、調剤薬局事務の仕事は、基本的に資格は必要ありません。資格がなくても就職できますし、仕事も問題なくできます。

 

ですが、調剤薬局事務の仕事にチャレンジする際や、実際に業務をこなす際に役立つ「民間資格」は存在します。

 

結論、以下のような資格が、調剤薬局事務の民間資格です。

 

調剤薬局事務でおすすめの資格

  1. 調剤薬局事務検定(おすすめ)
  2. 調剤事務管理士(R)
  3. 調剤報酬請求事務技能検定
  4. 医療保険調剤報酬事務士
  5. 調剤事務実務士(R)

 

これらの資格は、調剤薬局事務として仕事をしている方が、実施に取得している資格です。

 

特に人気の職場を目指す場合、応募者も多く来る可能性があります。そんなときに年齢がビハインドになる50代の方がライバルに勝つためには「資格」は重要です。

 

このように、調剤薬局事務はいろんな資格がありますが、数が多くて、どれがいいか迷ってしまう方も多いはず。

 

もし迷ったら、資格の中でも「調剤薬局事務検定」は特に人気のため、迷ったらこの資格を取ってみることをおすすめします。

 

調剤薬局事務検定の資格を取りたい。でも勉強はどうすればいい?

一番おすすめは、「調剤薬局事務専門の通信講座」で勉強することです。

 

登録販売者の資格取得は「通信講座」で学ぶ人と、「独学」で学ぶ人に分かれます。

 

このうち後者の独学で学べないことはないものの、、時間が相応にかかる上に、途中で挫折しやすい点が大きなデメリットです。

 

一方で通信講座であれば、良質な教材や手厚いサポートのもと、働きながらでも資格を一発合格することも十分実現可能です。通信講座であれば隙間時間で効率的に学習できるので、忙しい方でもムリなく、効率的に資格を取ることができます。

 

特に50代の場合、若い方に比べれば、すでに遅れていることは事実として受け止めないといけません。遠回りしている時間は一切ないのです。

 

だからこそ、50代から調剤薬局事務を目指すなら、実績豊富な通信講座を利用することが失敗しないポイントです。

 

「ユーキャン調剤薬局事務講座」なら、3ヶ月でも調剤薬局事務検定の合格を目指せる!

とはいえ、調剤薬局事務の通信講座もたくさんありますので、どれを選んだらいいか迷ってしまうはず。

 

そんな50代の方に一番おすすめの通信講座は「ユーキャン調剤薬局事務講座」です。

 

ユーキャン調剤薬局事務講座は、「現役調剤薬局事務がオススメする通信講座」で、2年No.1の実績も持つ講座です。調剤薬局事務資格で、名実ともにトップクラスの実績があります。

 

内容は「3ヶ月」という短期間で一発合格を目指すものになっています。わかりやすい教材と解説があり、プロ講師による個別添削もバッチリついています。勉強に自信がない初心者の方でも、安心して一発合格を取ることができる内容です。

 

しかも、ユーキャン調剤薬局事務講座は、国の給付金で「受講料の20%」が支給される講座のため、とてもおトクに受講することも可能です。

 

「通信講座で一発合格を目指したいけど、できるだけ安く済ませたい」という方は、ユーキャン調剤薬局事務講座」を使うことが一番おすすめです。

 

50代未経験から調剤薬局事務を目指す手順

ここからは、50代未経験から調剤薬局事務を目指す方法を、具体的な手順にまとめて紹介します。結論、やるべきことは次の通りです。

 

  1. 調剤薬局事務の資格を取る
  2. 50代でもチャレンジできる調剤薬局事務求人を探す

 

1. 調剤薬局事務の資格を取る

前述通り、調剤薬局事務の仕事は人気です。ですから、少しでも就職を有利にするために、資格を取りましょう。

 

こちらも前述通り、おすすめ資格は「調剤薬局事務検定」で、おすすめ学習方法は「ユーキャン調剤薬局事務講座」です。

 

ユーキャン調剤薬局事務講座は、名実ともにトップクラスの講座で、3ヶ月という短期間で一発合格を目指せる内容です。

 

またお金に余裕がない方でも、国の給付金で「受講料の20%」が支給される講座です。おトクに受講したい方も、ユーキャンを選ぶと満足度が高くなりますよ。

 

2. 50代でもチャレンジできる調剤薬局事務求人を探す

ユーキャン調剤薬局事務で資格に一発合格したら、50代でもチャレンジできる調剤薬局事務の求人を探しましょう。

 

調査薬局事務の求人の探し方

結論、転職サイトや転職エージェントに登録することで、調剤薬局事務の仕事はカンタンに探すことができます。

 

例えば、正社員として働きたいなら、正社員向けの転職サイトや転職エージェントを、派遣・パート・アルバイトとして働きたいなら、それらに特化したサイトやエージェントを使いましょう。

 

そうすることで、調剤薬局事務の求人を効率的に探すことができます。

 

50代がチャレンジできる求人を探すポイント

結論、「50代活躍中」「シニア求人」と書いてある求人を探すことです。

 

50代活躍中とわざわざ記載ある求人は、基本的に採用ターゲットが50代であることが多いです。またシニア求人の場合、50代だけでなく60代以上も採用していることが多いので、50代でもチャレンジしやすいのです。

 

このように求人を探していくと、資格を武器に、50代からでも調剤薬局事務の仕事にチャレンジすることができます。

 

50代未経験から調剤薬局事務を目指すときの注意点

一方、50代から調剤薬局事務を目指す際は「注意点」もあります。

 

  1. 50代対象の求人以外は採用されにくい

 

1. 50代対象の求人以外は採用されにくい

調剤薬局事務の求人は、求人に年齢記載がない場合、実態としては「20〜30代」を中心に採用している求人が多いです。

 

そのため、求人自体に「50代活躍中」「シニア求人」など、明らかに50代以上を対象にしている求人を除くと、選考通過率がかなり低くなることが想定されます。

 

とはいえ、採用選考は一社と相思相愛になれればそれでよく、中には「50代以上を採用する気は当初なかったものの、面接で話したら好印象だった」という理由で、50代の方を採用するケースもあります。ですから、50代対象の求人でない場合も、50代から採用される可能性はゼロではありません。

 

大手企業の求人の場合、年齢を厳しくジャッジしていることが多く、このようにはなかなかいかないことも事実ですが、世の中の90%以上を占める中小企業であれば、こういう事例はよくあることです。

 

50代はまだまだ若いですし、これからです。だからこそ、可能性を諦めることなく、行動を起こしてみると良いのではと思います。

 

まとめ

記事の内容をまとめます。

 

  • 50代から調剤薬局事務になることは自分次第でできる
  • 50代から調剤薬局事務を目指すなら、調剤薬局事務に関する資格を取ろう(理由:武器になるから)
  • 調剤薬局事務の資格を取るなら「ユーキャン調剤薬局事務講座」がおすすめ(3ヶ月で一発合格が目指せる。国の給付金制度が対象の講座でもある)
  • 50代未経験から調剤薬局事務を目指すなら「50代活躍中」「シニア求人」を探すこと(選考に通過しやすい)
  • 50代対象求人以外は基本厳しいが、意外と通ることもあるのでチャレンジしよう

 

述べてきた通り、50代未経験の方であっても、正しい手順で行動すれば調剤薬局事務になることは可能です。

 

前述通り、50代から調剤薬局事務を目指すなら、調剤薬局事務の資格を取得しておくことをおすすめします。

 

調剤薬局事務の資格が武器になり、いざ就職・転職する際に有利になるからです。特に「ユーキャン調剤薬局事務講座」であれば、3ヶ月で試験に一発合格することも目指せます。

 

60代だけでなく、70代まで働くことが一般的になる時代です。そんな時代だからこそ、長期的に仕事ができる「調剤薬局事務」はおすすめですし、資格を取っておくと役立つことは大きいですよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です