調剤薬局事務を辞めたい4つの理由と退職後の3つの選択肢

調剤薬局事務を辞めたい4つの理由と退職後の3つの選択肢

「調剤薬局事務の仕事が辛い」

「もう調剤薬局事務の仕事を辞めたい」

「辞めたらこの先どうすればいいんだろう?」

 

このように、調剤薬局事務の仕事を辞めたいとはいえ、実際に仕事を辞めて退職することに不安を感じている方は多いのではないでしょうか?

 

結論からお伝えすると、調剤薬局事務の仕事を辞めたいなら、無理せず辞めて大丈夫ですよ。

 

この記事では、これまで調剤薬局の採用/転職支援に長年携わってきた立場から、次のことをご紹介します。

 

この記事でわかること

  1. 調剤薬局事務を辞めたい、退職したいと感じる4つの理由
  2. 調剤薬局事務を辞めたい方が必ず考えておくべきたった1つのこと
  3. 調剤薬局事務を辞めた後の3つの選択肢

 

あなたがいま調剤薬局事務の仕事を辞めても、いままで以上に良い人生や仕事を実現していくことは実現できますよ。3分ほどで読める文量ですので、最後まで読んでみませんか?

 

調剤薬局事務を辞めたい、退職したいと感じる4つの理由

  1. 仕事の割に給与が上がらない
  2. 人間関係が合わない
  3. 労働時間が長すぎる
  4. 仕事内容が合っていない

 

この4つが、現役調剤薬局事務の方が、今の仕事を辞めたい、退職したいと感じる理由です。それぞれ解説しますね。

 

1. 仕事の割に給与が上がらない

調剤薬局事務の退職理由でよくあるのは「給与」です。

 

「仕事量が多いのに、なかなか給与が低い」

「頑張っても給与に反映されない」

 

このように、仕事の割に給与自体が低い点や、頑張っても給与が上がっていかないことが、調剤薬局事務の退職理由として特に多いです。

 

医療業界の事務職という、社会にとても役立つ仕事をしていますが、給与に反映されないのは、調剤薬局事務が大変な側面ですね。

 

2. 人間関係が合わない

調剤薬局事務の退職理由で、給与と同じくらいに多いのは「人間関係」です。

 

調剤薬局事務の仕事は、同僚となる薬剤師の方や、調剤薬局を訪れる患者さんなど、たくさんの方と関わる仕事です。

 

「同僚の薬剤師の方の性格が悪くて辛い」

「患者さんのクレームがきつい」

 

という風に、人間関係で悩むを抱えることはよくあります。

 

例えば薬剤師との人間関係は、薬剤師は立場的には調剤薬局事務より上のため、中には高飛車な態度で高圧的な接し方をしてくる方もいます。

 

また患者さんの中には、悪質なクレーマーの方もいらっしゃるので、時に強いストレスを感じることもあります。

 

もちろん、薬剤師の中には優しい方もたくさんいますし、患者さんもほとんどは良い方ばかりです。ですが、中には上記で挙げたような方もいて、調剤薬局事務として働く方自身がコントロールできない点でもあります。ですので、このような人間関係を理由に、調剤薬局事務を辞めたいと感じる方は現実として存在します。

 

3. 労働時間が長い

職場環境によりますが、調剤薬局事務の退職理由で「労働時間」もあります。

 

医療の現場は、常に患者さんの対応が優先されます。そのため、病院の診察が終わらない限り、調剤薬局事務の方も帰宅することができず、残業が長引くことも日常でよくあることです。

 

急患や診察時間が長引く環境だと、残業が蔓延化することもあるため、定時帰りを希望する方だと「もう辞めたい」と感じることも多いはず。

 

4. 仕事内容が合っていない

「仕事内容が合っていない」も、調剤薬局事務の退職理由であります。

 

調剤薬局事務の仕事は、「事務や接客のお仕事」がメインです。

 

例えば事務の仕事で言えば、調剤薬局事務が扱うものは薬です。薬は名前もたくさんあって複雑ですので、覚えることも大変ですし、処方箋の入力も慣れるまでに時間がかかります。

 

また請求の仕事も、調剤薬局事務はかなり大変です。請求の仕事は時間がかかり、細かい作業も多く、加えて入力ミスなどが起こると仕事を終わらせることができません。

 

また接客の仕事で言えば、前述通り、患者さんとやり取りをしている中でクレームなどもあるため、「接客の仕事は向いていないかも」と感じ、調剤薬局事務の仕事を辞めたいと感じる方もいます。

 

以上が、調剤薬局事務の方が仕事を辞めたい、退職したいと感じる主な5つの理由です。

 

調剤薬局事務を辞める前に必ず考えるべきたった1つのこと

結論、調剤薬局事務の仕事を辞めたい理由が、以下2つのどっちに当てはまるかを考えておくです。

 

  1. 調剤薬局事務の仕事自体に問題があるのか、
  2. それとも、調剤薬局事務の仕事自体には問題がなく、今の職場に限った話なのか

 

なぜなら、上記1と2のどちらに当てはまるかで、今後取るべき選択肢が変わってくるからです。

 

例えば「調剤薬局事務の仕事は嫌じゃないけど、今の薬剤師との人間関係が悪い」であれば、調剤薬局事務として他の職場へ転職することで、今の悩みが解決する可能性があります。

 

この道の場合、調剤薬局事務として積んだ経験は次にそのまま活かせます。まずはこの道を最初に検討したいところです。

 

一方、中には「調剤薬局事務の細かい作業自体が無理」「接客の仕事は辞めたい」という方もいるでしょう。その場合、これまでの経験を活かしてできる「近い仕事」や、経験を全く活かせない「全く違う仕事」も検討する必要が出てきます。

 

調剤薬局事務の知識や経験が活かせない仕事だと、当然仕事に慣れるまでの時間もかかります。ですから、この道は調剤薬局事務がどうしても無理な場合に検討することがおすすめです。

 

このように、調剤薬局事務の仕事を辞めたい方は、「今の仕事を辞めたい理由が、調剤薬局事務の仕事に問題があるのか、それとも今の職場に限った話なのかを、今の段階で一度考え、整理しておくようにしましょう。

 

調剤薬局事務を辞めた後の3つの選択肢

調剤薬局事務を辞めた後に次の仕事につく前提で考えた場合、取れる選択肢は3つあります。

 

  1. 調剤薬局事務として他の職場へ転職する
  2. 調剤薬局事務の経験を活かして、近い仕事に転職する
  3. 調剤薬局事務とは全く異なる仕事へキャリアチェンジする

 

1. 調剤薬局事務として他の職場へ転職する

一番最初に検討したい選択肢は「調剤薬局事務の仕事を続けながら、職場を変える選択肢」です。

 

例えば、今の職場とは違う調剤薬局に転職し、これまで通り調剤薬局事務として仕事をする選択肢です。

 

メリットは、これまで積んできた調剤薬局事務の経験を活かせることです。実務経験、業務知識、取得した資格があれば資格まで、全て次の職場でもそのまま使えます。

 

新しい仕事に転職する場合、仕事に慣れるまでの期間は一般的に大変です。その点職場を変えるだけなら、転職後にスムーズに仕事に慣れることができます。

 

デメリットは、調剤薬局事務の仕事自体が自分に合っていない場合、職場を変えたとしても「根本的な解決にならないこと」です。

 

例えば「調剤薬局事務の細かい事務作業がどうしてもきつい」といった理由の場合、中には悩みを解決できる職場もあるかもしれませんが、多くの職場では細かい事務仕事を調剤薬局事務は行うものです。

 

前述通り、あなたが調剤薬局事務を辞めたい理由が「調剤薬局事務の仕事でなく、今の職場自体」にあるなら、この選択肢は一番おすすめです。

 

調剤薬局事務を続けながら職場を変えることは難しくなく、転職サイトを使えば最短2週間程度でも実現できます。

 

実際のところ、職場を変えただけで仕事の悩みが解決した事例は、私自身も数多く見てきました。調剤薬局事務を辞めたい方は、まずこの選択肢を検討してみてはいかがでしょうか?

 

2. 調剤薬局事務の経験を活かして、近い仕事に転職する

「調剤薬局事務の仕事自体をもう辞めたいけど、できるだけこれまでの知識や経験は活かしたい」という方は、「調剤薬局事務の経験を活かせる仕事」に転職することがおすすめです。

 

事例を挙げると、例えば「医療事務」は、調剤薬局事務で経験してきた医薬品の知識を活用できる事務のお仕事です。医療事務の場合、関わる方は薬剤師だけでなく、医師の方などいろんな方と関わります。人間関係を変えることができるので、医療事務になる方も一定数います。

 

あるいは、「一般事務職」も、これまでの事務の経験を活かしてできる仕事です。調剤薬局事務や医療事務など医療業界の事務職は、患者さんありきのため、急患などがあれば残業も当然出てきます。

 

ですすが、一般事務職は医療業界と異なり、残業がほぼない企業も多いです。一般事務は定時帰りがしやすいため、プライベートを充実させたい方に特に人気です。

 

このように、調剤薬局事務の経験を生かしながらできる仕事は他にもあります。医療事務や一般事務は、これまでの事務の経験を役立てますから、転職先の2つ目の選択肢で検討してみることがおすすめです。

 

3. 調剤薬局事務とは全く異なる仕事へキャリアチェンジする

「調剤薬局事務の経験はもう活かさなくても良いし、今とは全く違う仕事に転職したい」という方は、全く違う仕事に「キャリアチェンジ」することも良いでしょう。

 

医療業界とは全く違う仕事につく方は、私も過去に多く事例を見てきました。転職先の業種・職種は本当に様々です。

 

この道は、これまでの調剤薬局事務の経験を活かせないデメリットがありますが、良く言えば新鮮な気持ちで新たな仕事にチャレンジできることが魅力です。

 

「今の悩みを全てキレイに解消し、幸福度を高めた働き方を実現したい方」は、人生を大きく好転できる道でもあるため、この道も検討してみると良いと思いますよ。

 

まとめ(調剤薬局事務を辞めた後の3つの選択肢)

  1. 調剤薬局事務として他の職場へ転職する
  2. 調剤薬局事務の経験を活かして近い仕事に転職する
  3. 調剤薬局事務とは全く異なる仕事へキャリアチェンジする

 

このように、調剤薬局事務を辞めた次の選択肢は大きく3つあります。

 

基本は1から順番に検討することがおすすめですが、1も2も合わない場合、全く違う仕事にチャレンジする3を選ぶことも良いと思いますよ。

 

あなた自身の退職検討理由と照らし合わせて、どの選択肢を取るか、いま一度検討してみましょう。そうすると、失敗しない転職や退職ができますよ。

 

調剤薬局事務を辞めたいなら無理せず辞めていい

述べてきた通り、調剤薬局事務を辞めたいなら、無理せず辞めてOKです。

 

調剤薬局事務の知識や経験は、一般事務職など他分野で活かすこともできます。全く違う仕事にキャリアチェンジされる方もいますから、あなたが感じている以上に、選択肢は意外と多くありますよ。

 

いずれにしても、まずは選択肢を正確に把握することが第一歩ですが、選択肢を手軽に知るなら「転職エージェントに相談すること」がおすすめです。

 

転職エージェントは、あなたの経歴を見た上で、現実的に目指せる業種や職種を教えてくれることがメリットです。登録から全てのサービスの利用まで無料でできるため、気軽に登録・相談から始めてみると良いでしょう。

 

特に「辞めたい」という気持ちがさらに強くなると、転職活動すらできない精神状態にもなりかねません。

 

まだネットで情報を検索できる余裕がある今のうちに、転職エージェントの登録と無料相談を必ず一回は済ませておきましょう。転職エージェントに希望を伝えておけば、あなたにあった仕事や職場が出てきたときは、優先的に教えてもらうことができますよ。それだけでも選択肢は広がりますから、心はかなり楽になるはずです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です