中卒から調剤薬局事務になることは可能!理由と2つのステップを紹介

中卒でも調剤薬局事務になることは可能!理由と具体的な2つのステップを解説

「調剤薬局事務の仕事に就きたいにけど、中卒でもなれるの?」と、思っていませんか?

 

未経験からでも目指しやすい調剤薬局事務の仕事ですが、中卒から調剤薬局事務を目指す方にとって気になるのは、「自分の経歴でも調剤薬局事務の仕事に就けるだろうか」ということではないでしょうか。

 

結論からお伝えすると、中卒の学歴の方でも、調剤薬局事務の仕事に就くことはできますよ。

 

そこでこの記事では、中卒でも調剤薬局事務になれる2つの理由や、中卒から調剤薬局事務になるメリット、中卒から調剤薬局事務になる2つの具体的手順を解説します。

 

この記事を読んで行動すれば、中卒から調剤薬局事務になることは十分できます。中卒の学歴から調剤薬局事務になりたい方は、ぜひ最後まで読んで見えてくださいね。

 

中卒から調剤薬局事務になれる2つの理由

中卒から調剤薬局事務になれる理由は大きく2つあります。

 

  1. 調剤薬局事務は学歴不問の求人が多いから
  2. 調剤薬局事務は人物重視で採用している求人も多いから

 

1. 調剤薬局事務は学歴不問の求人が多いから

世の中の仕事は「大卒以上」「高卒以上」など、学歴で条件がある仕事が一般的には多いです。

 

その点調剤薬局事務は「学歴不問」の求人が多いため、中卒でも問題なく仕事に就くことができます。

 

調剤薬局事務の仕事が中卒OKな理由

結論、調剤薬局事務の仕事内容自体が、高い学歴が必要のない仕事だからです。

 

調剤薬局事務の仕事は、主に処方箋の入力やお薬手帳の発行、会計業務や月に一度の請求業務など、「事務作業」や「受付作業」が仕事です。

 

いわゆる事務作業・受付作業が仕事ですので、大卒や高卒などの学歴がなくても、問題なく就職することができます。

 

また、これらの仕事は、実際に就職してから学べるものばかりです。例えば処方箋の入力は、実際の処方箋を使いながら入力の練習をしていけばできるようになるものです。

 

このように、調剤薬局事務の仕事自体は、学歴は必要なく、中卒でもできるものですが、実際にいろんな求人サイトを見ても、調剤薬局事務は「学歴不問」などの求人が多いです。

 

このように、調剤薬局事務は学歴不問の求人が多いことから、中卒でも問題なく仕事に就くことができます。

 

2. 調剤薬局事務は人物重視で採用している求人も多いから

もう一つの理由は、調剤薬局事務の採用は学歴ではなく、人物重視で採用している求人も多いからです。

 

人物重視の採用ってどんなもの?

一言で言えば、学歴や経歴といったスペックではなく、その人の性格や人間性など、その人の「タイプ」を重視した採用のことです。

 

例えば以下のようなことが当てはまります。

 

  • 挨拶がちゃんとできる
  • 素直である
  • 人との約束を守れる
  • 礼儀正しい
  • 決めたことをやり遂げる
  • ルールを守れる

 

これらが、人物重視の採用に当てはまります。

 

一般的には、人物重視よりも「学歴」や「経歴」といったスペックを重視する業種もあります。例えば、IT系の専門職であれば「ITの経験を積んできたか」などです

 

その点、調剤薬局事務の採用は、人物重視の採用を重視しているところが多いため、スペックが足りずとも、採用されることはよくあります。

 

このように、調剤薬局事務は中卒の学歴でも、そのほかの人間性などで勝負すれば、就職を目指すことが可能です。

 

中卒から調剤薬局事務になる3つのメリット

次に、中卒から調剤薬局事務になるメリットを紹介します。

 

メリットはたくさんありますが、中でも大きなメリットは次の3つです。

 

  1. 中卒でも就職しやすい
  2. ライフスタイルに合わせて働きやすい
  3. 仕事に困りづらくなる

 

1. 中卒でも就職しやすい

「中卒でも就職しやすいこと」は、一番大きなメリットです。

 

前述通り、調剤薬局事務は学歴不問の求人が多く、学歴などスペック重視ではなく、人間性など人物重視・タイプ重視の採用を行っているところが多いです。

 

世の中には中卒だと就職が不利になる企業も多い中、この点だけでも、大きなメリットと言えるでしょう。

 

2. ライフスタイルに合わせて働きやすい

「ライフスタイルに合わせて働きやすい仕事」であることも、中卒から調剤薬局事務を目指すメリットです。

 

調剤薬局事務はその時に状況に合わせて、いろんな雇用形態で働ける

調剤薬局事務は、正社員はもちろん、派遣、パート、アルバイトなど様々な雇用形態があります。

 

例えば女性であれば、結婚や出産、育児などライフイベントごとに仕事の悩みはつきものですよね。その点調剤薬局事務は、働き方のオプションが多いため、ライフスタイルに合わせた働き方がとてもしやすいです。

 

例えば、結婚する前は「正社員としてフルタイム」で勤務、出産後の育児期間は「パートで時短勤務」なども、調剤薬局事務の場合は実現しやすいです。

 

このように、調剤薬局事務は雇用形態が多く、働き方のオプションがたくさんあります。結果、ライフスタイルに合わせた働き方もしやすいのです。

 

3. 仕事に困りづらくなる

「仕事に困りづらくなること」も、中卒から調剤薬局事務を目指すメリットです。

 

日本は超高齢化社会であり、処方箋の受付枚数も年々増えていますので、処方箋の入力等を行う調剤薬局事務の仕事は、将来性のある仕事です。

 

調剤薬局事務の仕事は、働ける職場の数が多く、全国どこでも需要があります。ですから、一度調剤薬局事務の仕事を経験しておけば、今後いざ仕事を離れることになったり、職場を変えて転職を考える場合も、仕事に困りづらくなるのです。

 

中卒から調剤薬局事務を目指す2つのステップ

中卒から調剤薬局事務を目指すステップはシンプルです。

 

結論、以下2つのステップです。

 

  1. 中卒OKの調剤薬局事務の求人を探す
  2. 就職を有利に進めるなら資格を取る

 

1. 中卒OKの調剤薬局事務の求人を探す

まずは中卒OKの調剤薬局事務の求人を探すことです。

 

調査薬局事務の求人の探し方

転職サイトや転職エージェントに登録することで、調剤薬局事務の仕事をカンタンに探すことができます。

 

例えば、正社員として働きたいなら、正社員向けの転職サイトや転職エージェントを、派遣・パート・アルバイトとして働きたいなら、それらに特化したサイトやエージェントを使いましょう。

 

そうすることで、中卒OKの調剤薬局事務の求人を効率的に探すことができます。

 

中卒OKと書いてある求人は少ないため「学歴不問」の求人を当たろう

ちなみに、中卒OKの求人といっても、「中卒OK」と書いてある求人は割と少ないです。

 

ですから一番良い探し方は「学歴不問」と書いてある求人を見つけることです。

 

学歴不問の場合、学歴は基本問われませんから、中卒でも就職できる企業が一番見つかりやすいです。

 

前述通り、調剤薬局事務は未経験でも採用してくれる企業はありますので、今日から行動すれば、早ければ数週間後には仕事が見つかる可能性もあります。

 

2. 中卒で就職を有利に進めるなら資格を取る

また、少しでも就職を有利に進めたいなら、調剤薬局事務に関する資格を取っておくと、有利になりやすいのでおすすめです。

 

調剤薬局事務の仕事をする際は、基本的に資格は不要ですが、調剤薬局事務として就職するために役立つ「民間資格」はあります。結論、以下のような資格です。

 

中卒から調剤薬局事務を目指す上でおすすめの資格

  1. 調剤薬局事務検定(おすすめ)
  2. 調剤事務管理士(R)
  3. 調剤報酬請求事務技能検定
  4. 医療保険調剤報酬事務士
  5. 調剤事務実務士(R)

 

これらの資格は、調剤薬局事務の方が実施に取得している資格です。

 

資格は持っていなくても、調剤薬局事務として働くことは可能ですが、少しでも就職を有利に進めるなら、これらの資格を取ることがおすすめです。特に人気の職場の場合は、応募者が多く来る可能性もあるため、ライバルに勝つためにも資格は武器になります。

 

中でも、「調剤薬局事務検定」は特に人気のため、迷ったらこの資格を取ってみることをおすすめします。

 

調剤薬局事務の資格を取るなら勉強はどうすればいい?

一番おすすめは、「調剤薬局事務専門の通信講座」で勉強することです。

 

登録販売者の資格取得は独学でもできないことはないですが、、時間が相応にかかる上に、途中で挫折しやすいのがデメリットです。

 

中卒から調剤薬局事務登になる未来を叶えるなら、実績豊富な通信講座を利用することが一番確実ですよ。

 

ユーキャン調剤薬局事務講座なら、3ヶ月で調剤薬局事務検定の合格を目指せる!

中でも、おすすめ資格の「調剤薬局事務検定」を取るなら、一番有名で実績も豊富な講座は「ユーキャン調剤薬局事務講座」です。

 

ユーキャン調剤薬局事務講座は、「現役調剤薬局事務がオススメする通信講座」で、2年No.1の実績も持つ講座です。

 

内容は3ヶ月という短期間で合格を目指すものになっています。わかりやすい教材と解説があり、プロの講師による個別添削もバッチリついているので、勉強に自信がない初心者の方でも安心です。

 

しかも、国の給付金で「受講料の20%」が支給される講座なので、かなりおトクに受講することができます。

 

学習期間はあくまで目安で、もっと短期間で合格も目指せます。調剤薬局事務検定の資格を取り、少しでも就職等を有利にするならユーキャンがおすすめです。

 

まとめ

中卒から調剤薬局事務を目指すメリットやステップについて解説しましたが、本記事の内容をまとめます。

 

中卒でも調剤薬局事務になれる2つの理由

  1. 調剤薬局事務は学歴不問の求人が多いから
  2. 調剤薬局事務は人物重視で採用している求人も多いから

中卒から調剤薬局事務になる3つのメリット

  1. 中卒でも就職しやすい
  2. 働きやすい
  3. 仕事に困らなくなる

中卒から調剤薬局事務を目指す2つの手順

  1. 中卒OKの調剤薬局事務の求人を探す
  2. 就職を有利に進めるなら資格を取る(おすすめは「ユーキャン調剤薬局事務講座」で調剤薬局事務検定の資格を取ること。3ヶ月で合格が目指せる!)

 

述べてきた通り、中卒から調剤薬局事務の仕事に就くことはできますし、何より目指すメリットも大きいです。

 

少子高齢化が急速に進む日本では、医療業界の事務・受付仕事の調剤薬局事務の需要は高いです。働きやすく、仕事に困りづらい分野ですので、調剤薬局事務に関する資格を取っておくだけでも何かと便利でしょう。

 

次のステップは、「調剤薬局事務の求人を探すこと」または「調剤薬局事務の資格を取ること」です。

 

特に調剤薬局事務の資格は「ユーキャン調剤薬局事務講座」を使えば、3ヶ月で合格が十分目指せますから、チャレンジされてみてはいかがでしょうか?

 

仕事に困らない資格を持っているだけでも、安心感を手に入れることができますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です