50代未経験から登録販売者になる方法【求人の探し方や注意点も解説】

50代未経験から登録販売者になる方法【求人の探し方や注意点も解説】

登録販売者は、未経験からでも仕事につけ、医薬品の販売という需要の高い仕事もできることから、幅広い年齢の方に人気です。

 

中でも、一般的には50代というと、年齢の問題があり新しくチャレンジできる仕事が少ないですが、登録販売者は50代以上でも活躍している方が多いため、特に人気となっています。

 

とはいえ、

 

「50代から登録販売者になれるの?」

「どうやって行動していけば50代でも登録販売者になれる?」

 

と、50代から登録販売者を目指すにあたり、不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、50代未経験から登録販売者を目指す方法や、50代の求人の探し方、注意点までを、この記事で全てご紹介します。

 

この記事を読んで行動すれば、50代から登録販売者になるにはどのようなステップを踏んでいけばいいかがわかりますよ。

 

そもそも50代未経験から登録販売者になれる?

結論、可能です。なぜなら、登録販売者の需要は高く、50代でも受け入れを行っている環境はあるからです。

 

例えば、最近は50代や60代の方を対象にした「シニア向け求人」として、登録販売者の採用を行っているところもあります。

 

50代以上を対象にするシニア向け求人の場合、登録販売者としての実務経験がなくても、採用されやすい状況になっています。

 

もちろん、全体から見ると、シニア向け求人は割合は限られることは事実です。ですが、最近はシニア向け求人の割合も増えていますので、50代から登録販売者は、以前と比べても目指しやすくなっています。

 

50代未経験から登録販売者になる方法と、50代向け求人の探し方

では50代未経験から登録販売者になるにはどうすればいいか、50代から登録販売者になる方法は以下の通りです。

 

  1. 登録販売者の資格を取る
  2. ドラッグストア等の求人で実務経験を積む
  3. 資格と実務経験の両方が揃ったら、正規の登録販売者として働く

 

登録販売者として正式に働くためには、登録販売者の資格を取り、登録販売者の担当者の指導の元実務経験を2年積むことが必要です。

 

資格を取ることと、実務経験を積むことはどっちが先でも良いですが、一般的にはドラッグストア等で実務経験を積んだ後、資格を取る方が多いです。

 

1. 登録販売者の資格を取る

正規の登録販売者として働くためには、登録販売者の資格を取得することが必要となります。

 

前述通り、先に登録販売者の資格を取ることでも良いですし、ドラッグストア等で実務経験を積むことを先に行い、その後登録販売者の資格を取る順序でも問題ありません。

 

登録販売者の資格試験は、毎年8月〜12月に行われ、合格率は40〜50%となります。合格率からも、難易度はそこまで高くなく、50代からでも資格は取れるレベルです。

 

ちなみに、最初に登録販売者の資格を取っておくことで、いざドラッグストア等の登録販売者の求人に応募する場合も、やる気をアピールすることができます。

 

採用選考自体を少しでも有利に進めたい50代の方は、まずは最初に登録販売者の資格取得にチャレンジすることもおすすめです。

 

このように、登録販売者の資格取得は、頑張れば成果に結びつきやすいです。

 

登録販売者の資格の勉強はどうすればいい?

一番良いのは、「登録販売者専門の通信講座」で勉強することです。

 

最近はいろんな通信講座があり、未経験でも登録販売者の資格を取得しやすくなりました。

 

通信講座の中でも、一番有名で選ばれている通信講座は「ユーキャン 登録販売者講座」です。

 

ユーキャンは「2年連続現役に選ばれてNo.1の実績も持つ講座」であり、登録販売者向け講座ではトップクラスの実績があります。

 

講座内容としては、1日60分の勉強を8ヶ月続けて、登録販売者の資格合格を取る内容です。

 

わかりやすい解説で50代からの評判もよく、わからないことがあっても、プロ講師による個別添削もバッチリついている安心です。

 

「未経験で登録販売者の資格を取る自信がない」という方でも安心の講座ですよ。

 

目安は8ヶ月間ですが、1日の学習時間を増やせば、もっと短期間でも合格を目指せます。勉強するならユーキャンがおすすめです。

 

関連記事登録販売者のおすすめ通信講座5選の徹底比較!ランキングで紹介

 

2. ドラッグストア等の求人で実務経験を積む

登録販売者の資格を取った後でも、取る前でも良いですが、登録販売者の実務経験が積める環境へ就職しましょう。

 

前述通り、50代から働きやすいのは「ドラッグストアのシニア求人」です。

 

登録販売者専門の転職サイトを使うことで、50代を積極的に採用しているシニア求人を見つけることができます。

 

実務経験は正社員でなくても、派遣やパートでもOK

「50代未経験から、いきなり正社員で採用される自信なんてない」と思った方もご安心を。

 

登録販売者の実務経験の要件を満たすのは、正社員はもちろんOKですが、正社員でなく「派遣」や「パート」でも、実務経験の要件を満たすからです。

 

ですから、最初から正社員で就職・転職することは理想ですが、もし難しければ、最初は派遣やパートで働きつつ、実務経験を積んで正規の登録販売者になった後に、正社員になる道もあります。

 

就職できたら、正規に登録販売者になるための実務経験を2年積む

無事ドラッグストア等に就職ができたら、登録販売者として働くために必要な2年間の実務経験を積みましょう。

 

登録販売者として仕事をしている方の指導を受けて2年間学べば、前述通り、雇用形態は正社員でも派遣でもパートでも問題ありません。

 

3. 資格と実務経験の両方が揃ったら、正規の登録販売者として働く

2年間の実務経験を終え、資格も取得している状態になれば、そこからは晴れて正式な登録販売者となります。

 

登録販売者の場合、ドラッグストアの店員より待遇も良く、資格手当がつくところもあります。

 

人に感謝される仕事で、お金の面でも満足しながら働ける登録販売者は、50代にとってとてもやりがいのある仕事になると思いますよ。

 

50代から登録販売者を目指す際の注意点

50代から登録販売者になる注意点を解説します。

 

  1. 50代などシニア向け求人以外は採用されにくい

 

1. 50代などシニア向け求人以外は採用されにくい

登録販売者の求人には、20〜40代を採用対象にしていて、50代以上の方を採用対象としていない求人もあります。

 

そういう求人に関しては、頑張って応募しても年齢がネックになり採用につながらないケースが多くなります。

 

ですから、「50代向け求人」「シニア向け求人」などと検索し、50代以上の方を積極採用している求人を探すことが、50代から登録販売者になるポイントです。

 

【朗報】50代などシニア向け求人以外でも、採用されることはある

とはいえ、当初は20〜30代を採用しようとしていたものの、50代の方の人柄がよく、採用することにしたという事例も普通にあります。

 

ですから、優先度をつけて行動することをおすすめします。

 

具体的には、「50代向け求人」「シニア向け求人」を最初に探しつつ、あまり良いところがなければ、「50代向け求人」「シニア向け求人」以外の求人も積極的に応募してみると良いでしょう。

 

まとめ

記事の内容をまとめます。

 

  • 50代未経験から登録販売者になることは可能
  • 最近は50代以上を対象にしたシニア向け求人が、ドラッグストアを中心に増えている
  • 50代未経験から登録販売者になる方法は「1. 登録販売者の資格を取る」「2.ドラッグストア等の求人で実務経験を積む「3.資格と実務経験の両方が揃ったら、正規の登録販売者として働く」
  • 50代未経験から登録販売者になる注意点は「1.50代などシニア向け求人以外は採用されにくいこと」

 

述べてきた通り、50代未経験からでも、登録販売者になることは可能です。

 

また、登録販売者の仕事は、年齢関係なくどんな人でもチャレンジでき、頑張っていけば報われやすい仕事です。

 

登録販売者のように、医療・薬の専門家はこれからの時代はますます重宝されます。50代から新しくスタートし、安定して働きながら、社会との繋がりを感じることもできるでしょう。

 

前述通り、これから登録販売者を目指すなら、先に資格を取るか、もしくは登録販売者のいるドラッグストア等で実務経験を積むことが最初のステップとなります。

 

50代から、登録販売者として新しい人生を進むためにも、まずは一歩、できる行動から始めてみてはいかがでしょうか?

 

人気記事登録販売者のおすすめ通信講座5選の徹底比較!ランキングで紹介

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です