登録販売者は主婦の独学でも合格できる!独学で合格を取る方法を解説

登録販売者は主婦の独学でもできる!独学の方法を解説

「登録販売者の資格って、主婦でも取れるのかな?」

「普通の主婦でも独学すれば取れるもの?」

「主婦が登録販売者を目指すメリットや手順が知りたい」

 

..と、こんな風に悩んでいませんか?

 

登録販売者は主婦の方も多く活躍している一方、何も経験のない主婦でも果たして資格を取り、仕事ができるのか、不安や気になる事も多いですよね。

 

結論からお伝えすると、未経験の主婦の方でも、登録販売者の資格を独学で取ることはできますよ。

 

そこでこの記事では、登録販売者の資格取得を目指す主婦の方向けに、以下のことを紹介していきます。

 

この記事でわかること

  1. 登録販売者の資格は普通の主婦の独学でも取れる理由
  2. 主婦が登録販売者を目指すメリット
  3. 主婦が登録販売者の資格を取るためにやるべき3つのステップ

 

この記事を読んで行動すれば、普通の主婦の方でも、未経験から登録販売者の資格を取ることはできますよ!3分ほどで読めますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

主婦の独学でも登録販売者資格が取れる2つの理由

  1. 登録販売者の試験は主婦でも受験できるから
  2. 主婦の方が独学で資格を取っている事例もあるから

 

普通の主婦の方が独学で登録販売者資格を取れる理由は上記の通りです。

 

1. 登録販売者の試験は主婦でも受験できるから

「そもそも薬の知識を学んだことないし、普通の主婦でも試験を受験できるの?」と思っている方は多いのですが、登録販売者の資格は、普通の主婦の方でも問題なく受験することができます。

 

登録販売者の資格試験は、年齢や性別、学歴や経歴など一切関係なく、どんな方でも受験し、資格を取ることが可能です。例えば40代や50代の主婦の方で、長いこと仕事にブランクがあるような方でも、登録販売者の試験は受験できるんですよね。

 

登録販売者の試験は合格率40〜50%と高い

「受験できるとは言っても、どうせ合格率は低いんでしょ?」と思ったかもしれませんが、登録販売者の資格試験の合格率は例年40〜50%と、あらゆる国家試験の中でも特に高いことも特徴です。

 

40〜50%ということは、2人受験すれば1人合格できる水準です。実際のところ、受験者の中にはそこまで勉強していない方も含まれています。

 

しかも、多くの受験者は未経験の方です。そう考えると、2人に1人に入る難易度はそこまで高くないのです。

 

このように、登録販売者の資格は主婦でも受験できる上に、他の国家資格と比べると圧倒的に合格を取りやすいです。ですから、普通の主婦の方でも、独学で知識をつければ、十分合格を目指せますよ。

 

2. 主婦の方が独学で資格を取っている事例もあるから

もう一つの理由が、主婦の方が独学で資格を取っている事例もあるからです。

 

独学で資格を取得した主婦の声を紹介

百聞は一見にしかず、独学で資格を取得した主婦の声をいくつか紹介しますね。

 

 

このように、主婦の方で家事や育児、現在の仕事と両立しながら、登録販売者の資格に独学で合格された方々がいます。

 

みんな完全未経験から独学で取得されているので、同じ境遇の主婦の方でも、独学で資格取得は目指せると言えるでしょう。

 

主婦が登録販売者の資格を取得するメリット

主婦の方が登録販売者の資格を取るメリットは次の通りです。

 

主婦が登録販売者の資格を取るメリット
  1. 主婦でも就職しやすくなる
  2. 正社員でもパートでもアルバイトでも働ける
  3. 家事や育児と両立しながら働きやすい
  4. 収入がアップしやすい(資格手当など)

 

1. 主婦でも就職しやすくなる

「主婦でも就職しやすくなること」は、登録販売者の資格を取るメリットです。

 

どんな環境に就職できるの?

一般医薬品を販売するドラッグストア、スーパー、コンビニ、クリニックなどに就職しやすくなります。

 

また、エステサロンなども、登録販売者資格を保有している方を採用していたりと、仕事の幅はとても広いのです。

 

経験やスキルのない主婦の方だと、仕事を探す事も一般的には大変です。その点登録販売者の資格があると、いろんな環境への就職が有利になるメリットがあります。

 

2. 正社員でもパートでもアルバイトでも働ける

「正社員でもパートでもアルバイトでも働けること」も、主婦の方が登録販売者の資格を取るメリットです。

 

仕事に就きたいとはいえ、主婦の方の全員が全員、正社員を望むわけではないですよね。収入が良い「正社員」が良い方もいれば、責任を抱えることなく、ゆるく働きたいと「パート」がよいと考える主婦の方も多いのではないでしょうか?

 

その点登録販売者は、正社員でもパートでもアルバイトでも、どんな雇用形態でも働くことができます。どんな形態でも働けるのは、登録販売者の資格保有者の需要が高いからです。

 

このように、登録販売者の資格は融通が効きやすく、自分の都合に合わせた立場で仕事をすることが実現しやすいのです。

 

3. 家事や育児と両立しながら働きやすい

「家事や育児と両立して働けること」も、主婦の方が登録販売者の資格を取るメリットです。

 

登録販売者の仕事は、前述通り、正社員だけでなく、パートやアルバイトでも働くことができます。

 

特にパートであれば、時短勤務など、家事や育児とムリなく両立して働きやすいので、主婦の方でも楽しく社会とつながりを持って働けるのです。

 

もちろん正社員の場合も、働き方に関して融通の利く職場はあります。

 

このように、子育てや家事を抱える主婦の方にとって、登録販売者はとても相性が良いのです。

 

4. 収入がアップしやすい(資格手当など)

「収入がアップしやすいこと」も、登録販売者の資格を取るメリットです。

 

登録販売者の収入ってどれくらい?

登録販売者の収入は「【登録販売者の給料は安い?高い?】年収のリアルと低い年収を上げる3つの方法」の記事でまとめているので、ご紹介しますね。

 

まず正社員の登録販売者であれば、「平均年収350万円」が相場です。これは一般的な主婦の方が、パート等で得る収入よりかなり多いです。

 

またパートで働く場合も、東京であれば「時給1,000円〜1,500円」、その他地域であれば「時給900円〜1,500円」となります。時給の下限と上限に差はありますが、上限の方に行けばそこそこの時給ですよね。

 

登録販売者は資格手当ももらえることが多い

加えて、登録販売者の資格を持っていると「資格手当」を毎月もらえる職場もあります。

 

企業によって異なりますが、だいたい毎月5,000円〜毎月10,000円が資格手当で支給されることが多いです。資格手当だけで年間60,000円〜120,000円ですから、かなり大きいですよね。

 

関連記事【登録販売者の給料は安い?高い?】年収のリアルと低い年収を上げる3つの方法

 

このように、登録販売者の仕事は需要が高いため、資格を持って経験を積んでいけば、収入を上げていくこともできます。このような収入面も、主婦が登録販売者の資格を取るメリットと言えるでしょう。

 

主婦が登録販売者の資格を取得するデメリット

一方で、主婦の方が登録販売者の資格を取るデメリットは次の通りです。

 

主婦が登録販売者の資格を取るデメリット
  1. 主婦の独学だと時間がかかり、挫折しやすい

 

1. 主婦の独学だと時間がかかり、挫折しやすい

一番のデメリットは、独学で資格取得を目指す場合、時間がかかり、挫折しやすいことです。

 

前述通り、主婦の方が独学で資格取得された事例はありますが、その裏側では、独学でうまくいかず、挫折してしまった方もいるのが事実です。

 

登録販売者の合格に必要な勉強時間の目安

独学はどれくらい時間がかかるのか、通信講座を使う場合と比べると、次のようなイメージです。

 

  1. 独学で勉強する場合:400時間(期間は3ヶ月〜1年間)
  2. 通信講座で勉強する場合:100〜300時間(期間は最短2ヶ月も目指せる)

 

このように、独学だと結構時間がかかるのですよね。

 

ですから、普通の主婦の方でも独学で登録販売者試験に合格はできますが、時間はかかることと、途中で挫折する可能性があることは、覚悟をしておくことは必要です。

 

独学だと挫折しそうなら通信講座という選択肢も

なお、「独学だと途中で挫折しそう」と思ってしまう方は、通信講座を利用することも賢い選択になります。

 

例えば「登録販売者のおすすめ通信講座5選の徹底比較!ランキングで紹介」の通信講座を使えば、最短2ヶ月、通常3ヶ月で一発合格することも目指せます。

 

もちろん、この記事でこのあと紹介する独学でも良いですが、より効率的に、確実に資格を取りたい主婦の方は、通信講座を検討してみることもアリだと思いますよ。

 

なお、おすすめの通信講座は「登録販売者のおすすめ通信講座5選の徹底比較!ランキングで紹介」で紹介しているので、よければ参考にしてみてください。

 

登録販売者の資格を主婦が独学で取るためにやるべき3つのステップ

ここからは、主婦の方が登録販売者資格を独学で取る方法を解説します。

 

  1. 登録販売者の知識をテキストで勉強する
  2. 過去問で試験対策する
  3. 登録販売者の試験に臨む

 

登録販売者資格を独学で合格するポイント

結論、良いテキストや過去問題集を徹底的に使い込むことです。別の言い方をすると、闇雲にいろんなテキストや問題集に手を広げすぎないことです。

 

良質なテキストや過去問題集には、試験で一発合格を取るための知識・ノウハウが詰まっています。

 

一方、いろんなテキストに手を出すと、複数のテキストでダブってしまう内容も増えてきます。

 

ダブっている内容を2冊のテキストでやっても、正直時間の無駄です。それなら、本当に良いテキスト一冊を徹底的に使った方が、勉強時間は短縮できますし、合格までの期間も短縮できるものです。

 

ですのでこの記事では、登録販売者試験の独学で評判がよく、実際に独学で合格した方が多く使っていたテキストや問題集を紹介しますね。

 

1. 登録販売者の知識をテキストで勉強する

まずは登録販売者試験を合格するために必要な知識を「テキスト」で勉強していきましょう。

 

前述通り、良質なテキストを徹底的に使い込むことが、独学で最短で合格を取るためのポイントです。

 

ですので、利用者の評判の良い、独学でおすすめなテキストを2つに絞ってご紹介しますね!

 

独学でおすすめのテキスト2選

  1. ズルい! 合格法 医薬品登録販売者試験対策 鷹の爪団直伝! 参考書 S:登録販売者資格のベストセラーテキスト!効率的に合格を取るエッセンスが詰まった良書。迷ったらこれがおすすめ
  2. 7日間でうかる! 登録販売者 テキスト&問題集 2021年度版:同じくベストセラー本!覚えるべきことが表でまとまっていてわかりやすい

 

この2つが特に評判がよくおすすめです。どちらもベストセラー本で、独学する方に選ばれている本です。

 

学習は片方で十分ですので、どちらか好きな方をメインテキストとし、内容を全てマスターするくらいに徹底的に使い込むことが独学のポイントです。

 

2. 過去問で試験対策する

登録販売者の試験の知識を一通り学んだら、試験本番でスムーズに回答ができるよう、過去問で試験対策も行っていきましょう。

 

こちらも過去問題集のおすすめテキストをご紹介しますね。

 

過去問題集のおすすめテキスト

 

過去問は上記問題集がおすすめです。

 

ズルい! 合格法 医薬品登録販売者試験対策 出る順 問題集の良いところは、試験で出やすい項目から順番に学べることです

 

過去問を徹底的に分析することで、出題の多い項目・少ない項目を徹底的に洗い出し、「この順序で勉強すればもっとも効率がよいよ」という形で問題集をまとめてくれています。

 

独学で合格を取った方の多くがこちらのテキストを使っていたので、過去問対策はこの本を使ってやることがおすすめです。

 

3. 登録販売者の試験に臨む

登録販売者の勉強をし、過去問対策も行ったら、あとは試験本番に臨むのみです。

 

登録販売者試験は、いつ、どんな内容で実施されるの?

資格試験の実施時期は、毎年8〜12月に行われます。

 

出題される内容をまとめると、以下の通りです。

 

  1. 医薬品に共通する特性と基本的な知識
  2. 人体の働きと医薬品
  3. 主な医薬品とその作用
  4. 薬事関連法規・制度
  5. 医薬品の適正使用・安全対策

 

上記5つの項目で、合計120問の問題が出題されます。

 

試験に合格するためには、正答率で70%以上、また5項目すべてで30〜40%程度正解することも必要条件となります。

 

前述通り、試験の合格率は例年40〜50%と高いです。ここまで紹介したステップで行動すれば、一発合格も十分狙えますよ。

 

独学に自信がない主婦の方は通信講座もおすすめ

ここまで読んできて、「やっぱり独学だと私にはちょっと自信ない」という方は、前述した通信講座を使うことも、真剣に検討してみてはいかがでしょうか?

 

通信講座の方が、主婦でも登録販売者の資格を取りやすい

通信講座を利用する一番のメリットは、主婦の方でも、登録販売者の資格を取りやすいことです。

 

前述通り、独学だと相応に時間がかかり、挫折もしやすいですが、通信講座を利用する場合、必要な勉強時間は短縮できます。

 

実際のところ、通信講座を活用することで、「約100時間の勉強時間」で登録販売者の資格に合格された方や、「2ヶ月という短期間」で資格合格された方の声も、インターネット等で見かけることはよくあります。

 

このように、独学で必要となる勉強時間は、通信講座を活用すれば、もっと短縮することも目指せます。

 

通信講座を使うと勉強時間を短くできる理由

  1. 登録販売者試験の合格に必要なカリキュラムや学習計画があらかじめ揃っている
  2. 試験や勉強に関して、わからないことはプロに質問できるよるサポートがついている
  3. 学習方法で迷う必要がなく、時間を無駄にしない

 

通信講座を使うと勉強時間を短くできる理由です。

 

独学と比べると、やるべき勉強が全て整理されていて、わからないことも都度質問でき、試験合格のポイントや対策もプロが教えてくれるため、主婦の方でも合格を取りやすいのです。

 

このように、「独学では難しそう」「確実に一発で合格取りたいな」という主婦の方は、通信講座を利用すると早いですよ。

 

通信講座なら「ユーキャン登録販売者講座」がおすすめ

おすすめの通信講座は「登録販売者のおすすめ通信講座5選の徹底比較!ランキングで紹介」で紹介していますが、中でも一番おすすめは「ユーキャン 登録販売者講座」です。

 

ユーキャン通信講座は「現役登録販売者が選ぶおすすめ登録販売者講座」に、2年連続現役に選ばれてNo.1の実績も持つ講座です。

 

ユーキャンの通信講座は、受講期間が8ヶ月とかなりゆとりを持って組まれているのですが、カリキュラムの内容がよく、質問サポートもバッチリ整っていますので、3ヶ月んど短期間で合格を取ることも十分目指せます。

 

ユーキャンは受講料の最大20%が支給される制度あり!

一方、通信講座を受けるにあたって、多くの人が悩む点は「お金」です。できるだけ安く受講し、合格まで実現したいですよね。

 

その点ユーキャン登録販売者講座の良いところは、教育訓練給付金という国の給付金制度を使うことで、受講料の最大20%が支給される制度があることです。

 

このおトクな制度を使えば、独学では得られないユーキャンの質の高い教材とサポートを、リーズナブルな価格で利用することができます。

 

このように、独学よりも効率的に、かつリーズナブルに一発合格を目指すなら、「ユーキャン 登録販売者講座」を真剣に検討してみてはいかがでしょうか?

 

ユーキャンを始め、おすすめの通信講座は「登録販売者のおすすめ通信講座5選の徹底比較!ランキングで紹介」も参考にしてみてくださいね。

 

人気記事登録販売者のおすすめ通信講座5選の徹底比較!ランキングで紹介

 

まとめ

記事の内容をまとめます。

 

主婦の独学でも登録販売者資格が取れる2つの理由

  1. 登録販売者の試験は主婦でも受験できるから
  2. 主婦の方が独学で資格を取っている事例もあるから

主婦が登録販売者の資格を取得するメリット

  1. 主婦でも就職しやすくなる
  2. 正社員でもパートでもアルバイトでも働ける
  3. 家事や育児と両立しながら働きやすい
  4. 収入がアップしやすい(資格手当など)

主婦が登録販売者の資格を取得するデメリット

  1. 主婦の独学だと時間がかかり、挫折しやすい

登録販売者の資格を主婦が独学で取るためにやるべき3つのステップ

  1. 登録販売者の知識をテキストで勉強する
  2. 過去問で試験対策する
  3. 登録販売者の試験に臨む

 

述べてきた通り、主婦の方でも独学で登録販売者の資格を取ることはできます。時間は相応にかかりますが、頑張れば高い確率で資格を取れる点が登録販売者の良いところです。

 

主婦にとってメリットも多い資格・仕事ですし、今後は法改正により、主婦が受験できなくなるなど、受験資格の変更がされることもあるかもしれません。チャレンジできる今のうちに、資格を取っておく事はおすすめです。

 

また、独学ではやっぱり不安な方は、通信講座を利用することも良いでしょう。前述通り「ユーキャン 登録販売者講座」であれば、独学よりも効率的かつリーズナブルに、一発合格を目指せますよ!

 

人気記事登録販売者のおすすめ通信講座5選の徹底比較!ランキングで紹介

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です