中卒から登録販売者になれる?→可能です【3つの具体的ステップを解説】

中卒から登録販売者になれる?→可能です【3つの具体的ステップを解説】

「登録販売者になりたいけど、中卒でもなれるのかな?」と、悩んでいませんか?

 

登録販売者は、一般薬品の販売を行う資格・仕事です。近年では薬局だけでなく、ドラッグストアやスーパー、コンビニでも登録販売者の需要があることで、登録販売者が働ける環境は増えてきました。

 

とはいえ、中卒の方にとって気になるのは「自分の経歴で登録販売者になれるのだろうか」ということではないでしょうか?

 

結論からお伝えすると、中卒の学歴でも、登録販売者になることは可能です。

 

そこでこの記事では、中卒でも登録販売者になれる理由や、中卒から登録販売者になるメリット、中卒から登録販売者になる手順を解説します。

 

この記事を読んで行動すれば、中卒から登録販売者になることは可能ですよ。中卒から登録販売者になりたい方は、ぜひ最後まで読んで見てくださいね。

 

中卒でも登録販売者になれる3つの理由

中卒でも登録販売者になれる理由は大きく3つあります。

 

  1. 登録販売者の資格は中卒でも取れるから
  2. 登録販売者は中卒OKの求人もあるから
  3. 登録販売者は人物採用の求人も多いから

 

1. 登録販売者の資格は中卒でも取れるから

登録販売者として働くためには、登録販売者の「資格」を取ることが必要です。

 

世の中には資格を取る際に一定の学歴が求められる資格もありますので、中卒だと受験前に可能性が断たれてしまうこともあります。

 

その点、登録販売者の資格は、学歴による制限が一切ありません。そのため、中卒の方でも問題なく受験し、資格を取ることが可能です。

 

2. 登録販売者は中卒OKの求人もあるから

実際に資格を取った後、中卒でも登録販売者として働ける求人があることも、中卒から登録販売者になれる理由です。

 

中卒でも就職しやすいのはドラッグストア

例えば、「ドラッグストア」などの小売企業には、学歴不問の求人があります。

 

学歴を問わない以上、中卒もOKとなります。ドラッグストアのような求人であれば、中卒でも登録販売者になれる求人が見つかりやすいです。

 

3. 登録販売者は人物採用の求人も多いから

もう一つの理由は、登録販売者の採用は学歴ではなく、人物本位の採用を行っているところも多いからです。

 

人物本位の採用とは?【学歴ではなく、性格や人間性を重視した採用のこと】

人物本位の採用とは、学歴や経歴よりも、その人の性格や人間性など、その人自身の「タイプ」を重視した採用のとこです。

 

例えば人として挨拶ができる、礼儀正しい、決めたことをやり遂げるなどです。

 

登録販売者の採用は、このような人物本位の採用を重視しているところも多いので、中卒の学歴でも、そのほかの人間性で勝負すれば、登録販売者になることができます。

 

中卒で登録販売者になることが難しい環境もある

一方で、中卒という学歴だと、登録販売者として働きづらい環境もあることは事実です。

 

調剤薬局や製薬会社は中卒だと難しい

例えば「調剤薬局」や「製薬会社」は、中卒の学歴だと難しいことが多いです。

 

調剤薬局や製薬会社は、採用の際に「大卒以上」「高卒以上」など学歴で縛りを入れているところが多いからです。

 

こういった環境を目指す場合、中卒という学歴がハンデになることはあります。

 

ドラッグストアの登録販売者は中卒でもOK

前述通り、ドラッグストアなどの登録販売者の求人は、学歴を問わない求人が多いです。

 

そのため、中卒から登録販売者になるなら、ドラッグストアのような小売業界の登録販売者の求人が狙い目となります。

 

中卒から登録販売者になる3つのメリット

「本当に登録販売者を目指した方が良いかな?」と悩んでいる方向けに、中卒から登録販売者になるメリットをご紹介します。

 

メリットは多くありますが、中でも以下3つのメリットは、中卒の方にとって、登録販売者を目指す動機になると思います。

 

  1. 中卒のハンデを埋めることができる
  2. 就ける仕事の選択肢が増える
  3. 高収入につながる可能性がある

 

1. 中卒のハンデを埋めることができる

中卒の方だと「学歴面」で、高卒や大卒の方と比べると、どうしてもハンデが出てしまいます。

 

その点登録販売者は、資格を武器にできる点がメリットです。資格があることで、学歴のハンデをカバーできるんですよね。

 

また、登録販売者という仕事自体が、製薬会社等を除くと、前述通り学歴をあまり気にしない世界です。

 

そのため、資格を取ることで、中卒という学歴のハンデがあっても、それをカバーすることができます。

 

このように、資格が学歴のハンデをカバーしてくれることは、中卒から登録販売者になる大きなメリットと言えます。

 

2. 就ける仕事の選択肢が増える

登録販売者として経験を積むことで、就ける仕事の選択肢も増えるメリットがあります。

 

例えば最初の頃は中卒OKなドラッグストアの登録販売者として働きつつ、経験を積んでいくことで、違う環境の登録販売者として働くこともできます。

 

登録販売者自体、日本全国で需要がありますから、どの地域でも仕事の需要があります。

 

このように、仕事の選択肢が広がることは、中卒から登録販売者になるメリットと言えるでしょう。

 

3. 高収入につながる可能性がある

高収入につながる可能性があることも、中卒から登録販売者になるメリットです。

 

登録販売者全体の平均給料は、年収約350万円です。平均年収自体はそこまで高くはないものの、中卒の方の年収で考えると高い年収となります。

 

加えて、例えば登録販売者としてドラッグストアの店長になれば年収450万円も実現できますし、エリアマネジャーまで昇格すれば、年収600万円〜750万円という高収入を実現することも目指せます。

 

少子高齢化に伴い、今後は医療人材の需要はますます高まります。その点登録販売者は、今後も需要が高まる仕事ですから、より高収入を実現できる可能性もあります。

 

登録販売者の年収については「【登録販売者の給料は安い?高い?】年収のリアルと低い年収を上げる3つの方法」も参考にしてみてください。

 

登録販売者の年収はこちら

【登録販売者の給料は安い?高い?】年収のリアルと低い年収を上げる3つの方法

 

中卒が登録販売者になるための3ステップ

ここからは、中卒の方が登録販売者になるステップを解説します。結論、以下の3ステップです。

 

  1. 登録販売者の資格を取得する
  2. 登録販売者の実務経験が積める環境へ就職する
  3. 実務経験を2年間積む

 

登録販売者として正式に働くためには、登録販売者の資格を取り、登録販売者の担当者の指導の元実務経験を2年積むことが必要です。

 

資格を取ることと、実務経験を積むことはどっちが先でも良いですが、一般的にはドラッグストア等で実務経験を積んだ後、資格を取る方が多いです。

 

ここでは先に資格を取り、その後実務経験を積む順序でやるべきことを解説します(先に実務経験を積んでから、その後資格を取ることでも構いません)

 

1. 登録販売者の資格を取得する

登録販売者として働くためには、登録販売者の資格を取得することが必要です。

 

前述通り、最初に資格を取っても良いですし、先にドラッグストア等で実務経験を積んだ後でも良いです。

 

登録販売者の資格試験は、例年8月〜12月に行われ、合格率は40〜50%となります。そこまで難易度は高くなく、中卒からでも資格は取れるレベルです。

 

最初に資格を取っておくことで、いざドラッグストア等の登録販売者の求人に応募する場合も、やる気をアピールすることができます。

 

頑張れば成果に結びつきやすいのが登録販売者の資格取得です。

 

登録販売者の資格の勉強はどうすればいい?

一番良いのは、登録販売者専門の通信講座で勉強することです。

 

中でも、一番有名な通信講座は「ユーキャン 登録販売者講座」です。2年連続現役に選ばれてNo.1の実績も持つ講座です。

 

内容としては、1日60分の勉強を8ヶ月続けて合格を取るものになっています。わかりやすい解説があり、プロの講師による個別添削もバッチリついているので、勉強に自信がない方でも安心です。

 

1日の学習時間を増やせばもっと短期間でも合格を目指せますので、勉強するならユーキャンがおすすめです。

 

人気記事登録販売者のおすすめ通信講座5選の徹底比較!ランキングで紹介

 

2. 登録販売者の実務経験が積める環境へ就職する

資格を取った後でも、取る前でも良いですが、登録販売者の実務経験が積める環境へ就職しましょう。

 

前述通り、中卒でも就職しやすいのはドラッグストアの求人です。登録販売者専門の転職サイトを使うことで、中卒OKな求人を見つけることができます。

 

学歴で勝負できない分、挨拶をしっかりする、意欲を伝えるなどが、面接合格のためには必要です。

 

または、前述した登録販売者の資格を先に取ることで、より高確率で内定を取ることもできますので、面接に自信がない方は、今から資格の勉強を始めると確実でしょう。

 

3. 実務経験を2年間積む

無事就職ができたら、登録販売者として働くために必要な2年間の実務経験を積みましょう。

 

登録販売者として仕事をしている方の指導を受けて、2年間学べば、雇用形態は正社員でも派遣でもパートでも問題ありません。

 

2年間の実務経験を終え、資格も取得している状態になれば、そこからは晴れて正式な登録販売者となります。

 

登録販売者は全国各地で需要が高い仕事のため、今後は中卒という学歴をハンデにすることなく、安定して仕事をし、努力次第で高収入も実現していけるでしょう。

 

中卒から登録販売者のまとめ

記事の内容をまとめます。

 

  • 中卒でも登録販売者になることは可能
  • 中卒でも登録販売者になれる理由は「1. 中卒でも資格を取れること」「2. 中卒OKの求人があること」「3. 登録販売者は人物採用が多いこと」の3つ
  • 中卒から登録販売者になるならドラッグストアが一番おすすめ(製薬会社や薬局は難易度高め)
  • 中卒から登録販売者になるメリットは「1. 中卒のハンデをカバーできる」「2. 就ける仕事の選択肢が増える」「3. 頑張り次第で高収入を目指せる」の3つ
  • 中卒から登録販売者になるステップは「1. 登録販売者の資格を取得する」「2. 登録販売者の実務経験が積める環境へ就職する」「3. 実務経験を2年間積む」
  • 登録販売者の資格取得と実務経験はどちらが先でもOK

 

述べてきた通り、中卒から登録販売者になることは可能ですし、メリットも大きいです。

 

少子高齢化が進む日本において、登録販売者が含まれる医療業界は成長市場です。そういった環境で働くことで、中長期的に安定して仕事をし、収入を得ていくこともできます。

 

中でも登録販売者は、現時点でも需要が高く、肝心の人材が足りていません。中卒でもそういった仕事に今ならチャレンジできます。

 

繰り返しになりますが、世の中学歴が重要視される仕事が多い中、資格を活かして働ける登録販売者は、中卒の方の仕事として特に向いています。

 

まずは「登録販売者の資格を取ること」でも、「登録販売者に必要な実務経験を得るための就職」でもどちらでもOKです。

 

まずはあなたが始めやすい方から、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

 

人気記事登録販売者のおすすめ通信講座5選の徹底比較!ランキングで紹介

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です