登録販売者に必要な勉強時間・期間は400時間【短期合格を目指す方法も解説】

登録販売者の勉強時間・学習期間は400時間【短期合格を目指す方法も解説】

「登録販売者の資格って、どのくらいの勉強時間が必要なの?」

「最短で登録販売者になるための流れは?」

 

このように悩んでいませんか?

 

薬局やドラッグストア等で医薬品の販売を行う登録販売者の仕事は、高い仕事で専門性を持って働けるだけでなく、頑張り次第で収入を上げていけることや、資格があることでライフスタイルに合わせたフレキシブルな働き方もできる点から、特に人気の国家資格となっています。

 

とはいえ、実際に気になるのは「どのくらいの時間がかかるのかな?」ということではないでしょうか?

 

そこでこの記事では、登録販売者に必要な勉強時間・学習期間をご紹介します。

 

この記事を読めば、登録販売者の資格を取るための勉強時間や、実際に登録販売者として働くまでの期間がわかりますよ。

 

また、どうすれば最短で登録販売者の資格に合格し、登録販売者として働けるようになるか、具体的な学習の流れも解説します。

 

登録販売者の合格に必要な勉強時間・学習期間は?【学習方法によって変わる】

上記の通り、登録販売者の勉強時間・学習期間は、学習方法によって変わります。

 

結論からお伝えすると、登録販売者の資格取得に必要な勉強時間の目安は次の通りです。

 

登録販売者の合格に必要な勉強時間の目安

  1. 独学で勉強する場合:400時間(期間は3ヶ月〜1年間)
  2. 通信講座で勉強する場合:100〜300時間(期間は最短2ヶ月も目指せる)

 

1. 独学で勉強する場合の勉強時間は400時間(期間は3ヶ月〜1年間)

登録販売者を「独学」で勉強する場合の勉強時間は「400時間」となっています。

 

400時間を学習期間で表すと・・

400時間と聞いてもパッとしないと思いますので、学習期間で表してみますね。

 

例えば1日1時間〜1日5時間の勉強時間を週7日確保した場合、次のような学習期間となります。

 

1日の勉強時間必要な学習期間
1日1時間400日(約1年1ヶ月)
1日2時間200日(約7ヶ月)
1日3時間133日(約4.5ヶ月)
1日4時間100日(約3.5ヶ月)
1日5時間80日(約3ヶ月)

 

このように、1日1時間の勉強で約1年1ヶ月、1日3時間の勉強で約4.5ヶ月、1日5時間勉強した場合で約3ヶ月となります。

 

独学の場合、1〜2ヶ月で合格というのは、正直かなりハードルが高いものとなっています。

 

一方、1年くらいの学習期間を作れれば、1日1時間のペースでも、十分合格を狙える試験でもあります。

 

2. 通信講座で勉強する場合の勉強時間は100〜300時間(期間は最短2ヶ月)

一方で、通信講座を利用する場合、必要な勉強時間はもっと短縮できます。

 

目安としては、独学で必要な400時間ではなく、「100〜300時間程度」でも、登録販売者の資格を取ることも目指せます。

 

100〜300時間は明確にこの時間勉強すれば資格が取れるというわけではありません。ですが実際のところ、通信講座を活用することで、「約100時間の勉強時間」で登録販売者の資格に合格された方や、「2ヶ月という短期間」で資格合格された方の声も、インターネット等で見かけることはよくあります。

 

このように、独学で400時間は必要となる勉強時間は、通信講座を活用すれば、もっと短縮することも目指せます。

 

通信講座を使うと勉強時間が短縮できる理由

  1. 登録販売者試験の合格に必要なカリキュラムや学習計画があらかじめ揃っている
  2. 試験や勉強に関して、わからないことはプロに質問できるよるサポートがついている
  3. 学習方法で迷う必要がなく、時間を無駄にしない

 

こういった点が、通信講座を使うと、勉強時間を短縮できる理由です。

 

独学と比べて、やるべきことが全て整理されていて、わからないことも都度質問でき、試験合格のポイントなども教えてくれる環境がある点が、通信講座のメリットと言えるでしょう。

 

最短で登録販売者の資格を取るなら、通信講座を利用すると早いです。

 

通信講座なら「ユーキャン登録販売者講座」がおすすめ

中でも、一番有名な通信講座は「ユーキャン 登録販売者講座」です。

 

ユーキャン通信講座は、2年連続現役に選ばれてNo.1の実績も持つ講座です。

 

ユーキャンの通信講座は、受講期間が8ヶ月とかなりゆとりを持って組まれているのですが、カリキュラムの内容がよく、質問サポートもバッチリ整っていますので、もっと短期間で合格を取ることももちろん目指せます。

 

最短で登録販売者の資格を通信講座で取得するなら、ユーキャンを検討することがおすすめです。

 

人気記事登録販売者のおすすめ通信講座5選の徹底比較!ランキングで紹介

 

登録販売者に向けて勉強する内容

登録販売者の資格取得に向けて、勉強する内容をわかりやすくまとめます。

 

独学でも通信講座でも学ぶ内容自体は同じで、次の通りです。

 

  1. 医薬品に共通する特性と基本的な知識
  2. 人体の働きと医薬品
  3. 主な医薬品とその作用
  4. 薬事関連法規・制度
  5. 医薬品の適正使用・安全対策

 

登録販売者の仕事自体が、一般用医薬品(第2類医薬品と第3類医薬品)を取り扱いますので、勉強すべき内容(資格で出題される内容)も医薬品に関してが中心となります。

 

一般用医薬品とは、処方箋を必要としない医薬品のことです。普段あなたが病院に行き、処方箋でもらう薬は、登録販売者では取り扱いができません。

 

とはいえ、一般用医薬品(第2類医薬品と第3類医薬品)だけで、世の中の医薬品の9割近くを占めます。

 

薬剤師がいなくても、登録販売者がいれば世の中の医薬品の9割以上を取り扱えることから、近年はドラッグストアや薬局を中心に、登録販売者はとても重宝されるのです。

 

登録販売者の資格は合格は難しくない(合格率は40〜50%と高い)

パッと見ると難しそうな印象を感じるかもしれませんが、登録販売者の資格試験の合格率は40〜50%と、一般的な資格試験と比べると難易度は易しいです。

 

独学でも通信講座でも、学習すれば資格を取れる内容になっているので、未経験だからと不安に感じることはなく、自信を持って勉強を進めれば問題ありません。

 

登録販売者の資格を取得し、登録販売者として働くまでの学習期間と流れ

手順1
登録販売者の勉強をする(期間:2ヶ月〜1年間)
方法は独学or通信講座(迷ったら最短で学べる通信講座の「ユーキャン 登録販売者講座」がおすすめ)
手順2
登録販売者の資格試験を受験する
例年8月〜10月に実施され、合格率は40〜50%と高い。
手順3
登録販売者の実務経験を積める環境へ就職する(資格を取る前から就職してもOK)
ドラッグストアなど、登録販売者の下で働ける環境へ就職を目指す。雇用形態は正社員だけでなく、派遣やパートでもOK
手順4
登録販売者の実務経験を積む(期間:2年間)
通算2年間の実務経験を積む。この間に資格の勉強、試験を受験してもOK
手順5
正規の登録販売者(店舗管理者)になる
資格取得+実務経験を2年積んだら、正規の登録販売者(店舗管理者)として新たな人生のスタート!

 

登録販売者の資格を取り、実際に登録販売者として働くまでの期間と流れは上記の通りです。

 

登録販売者として正式に働くためには、登録販売者の資格を取り、登録販売者の担当者の指導の元で実務経験を2年積むことが必要です。

 

資格を取ることと、実務経験を積むことはどっちが先でも良いですが、一般的にはドラッグストア等で実務経験を積んだ後、資格を取る方が多いです。

 

先にドラッグストア等に就職し、実務経験を積みながら資格の勉強をすれば、ぴったり2年間でも正規の登録販売者を目指せます。

 

もちろん、実務経験を積んでいる期間は、給料をもらいながら知識や経験を得ることができるので、2年間は完全修行というより、人生を充実させながら経験を得ることもできる点が魅力と言えるでしょう。

 

いずれにしても、資格取得(2ヶ月〜1年間程度)と実務経験(2年)は必要ですので、両方を並行できるようなスケジュールで取り組むことが、最短で登録販売者になるルートです。

 

登録販売者の勉強時間はいつまでにどうなりたいかで決めよう

ここまで読んできて、

 

「独学でもできるなら、私は独学で勉強しようかな」

「通信講座の方が効率的みたいだから、通信講座で勉強しよう」

 

と、思った方も分かれると思います。

 

そこでおすすめしたいのは、いつまでにどうなりたいかで、勉強方法を決めることです。

 

実際のところ、通信講座の受講費用は高くないですが、数万円程度はかかります。独学で参考書を数冊買うことと比べると、多少お金は多く必要です。

 

独学を選ぶほとんどの人は、できるだけ安く済ませたいという理由で選んでいますが、実際は「登録販売者にいつまでになれるかどうか」が大事です。

 

以上を踏まえると、勉強時間(勉強法)の選び方は、次の基準で選ぶことがおすすめです。

 

  1. 最短かつ確実に登録販売者になりたい:通信講座がおすすめ
  2. 時間や確実性が劣っても、お金をかけずに登録販売者になりたい:独学がおすすめ

 

この選び方であれば、あなたに合った勉強法・勉強時間で学習し、登録販売者としての人生をスタートできると思いますよ!

 

まとめ

登録販売者に必要な勉強時間をまとめると、次の通りです。

 

  • 登録販売者の勉強を独学でするなら、必要な勉強時間は400時間(期間は3ヶ月〜1年間が目安)
  • 登録販売者の勉強を通信講座でするなら、必要な勉強時間は100〜300時間(期間は最短2ヶ月も目指せる)
  • 最短で登録販売者の資格を取るなら通信講座、時間がかかってもお金をかけないなら独学がおすすめ
  • 正規の登録販売者になるには「登録販売者の資格」と「実務経験2年」の両方が必要
  • 最短で登録販売者になるなら、実務経験を積みながら資格を並行して取ることが効率的

 

登録販売者の勉強時間は目安が400時間であり、独学の場合の学習期間は3ヶ月〜1年弱であり、通信講座だと1〜2ヶ月など短期間で合格している方も多いです。

 

とにかく最短で登録販売者の資格を取るなら、前述した「ユーキャン 登録販売者講座」がおすすめです。

 

内容はかなりゆとりを持った8ヶ月で資格合格するものとなっていますが、カリキュラムの内容がよく、実績も豊富ですので、自分次第でもっと短期間で合格を取ることも目指せるでしょう。中にはユーキャンを使い、100時間未満で資格に合格された方もいるほどです。

 

登録販売者の資格は国家資格であり、仕事は医薬品の販売という、世の中の需要も、社会貢献性も高い仕事です。

 

登録販売者は、自分次第で年収600万円以上を目指せる仕事でもありますので、頑張れば頑張った分だけ、収入を上げることもできるでしょう。

 

だからこそ、まずは資格の勉強でも、実務経験を積むことでも良いので、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?その一歩で、人生は良い方向に進み始めますよ。

 

人気記事登録販売者のおすすめ通信講座5選の徹底比較!ランキングで紹介

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です